脇の下に大きな汗シミをつくっていた僕が、たった1ヶ月で脇汗を軽減し人目を気にしない生活を手に入れた方法

脇汗に5年間悩んだ現役薬学生が、脇汗で悩む方の悩みを解消するためのブログです。

【常識?】汗かきと多汗症の違い

んにちは!

 

まっつーです!

 

汗を大量にかいてしまうことが悩み

という点で共通している多汗症と汗かき。

 

実際に汗を大量にかいてしまうという

悩みを持つ方の中には

 

「自分は多汗症なのか汗かきなのかわからない。」

 

という人もたくさんいます。

 

f:id:asebyebye:20190504133555p:plain

 

しかし、

汗かきと多汗症では対処の仕方が全然違います。

 

そこで今回は

汗かきと多汗症の違いについてお話ししていきます!

 

f:id:asebyebye:20190504221413p:plain

 

この記事の内容を知っていれば、

自分が汗かきか多汗症かを理解し

正しい対処をすることができ、

悩みを軽減することができます。

 

f:id:asebyebye:20190505223643j:plain

 

しかし記事の内容を知らないと、

自分が汗かきか多汗症か分からないまま、

間違った対処をし、

悩み続けることになります。

 

f:id:asebyebye:20190504225616j:plain

 

れでは見ていきましょう!

 

多汗症か汗かきかを見極めるポイントは

3つあります。

 

f:id:asebyebye:20190503010103j:plain

 

1、大量に汗をかいてしまう季節は?

A:夏が特に多い
B:季節は関係なく、いつも多い

 

2、どんな状況で汗をかく?

A:運動など身体を動かした時や気温が高い時
B:何もしていなくても汗をかく

 

3、汗をかく部位は?

A:全身にまんべんなく汗をかく
B:局所的に汗をかく

 

この3つの質問の答えが、Aの場合は汗かき、Bの場合は多汗症となります。

 

また、「1,2」の答えはBだったが「3」のみAだったという方の場合、「全身性多汗症」の可能性があります。

 

f:id:asebyebye:20190503010955j:plain

 

では、

汗かきと多汗症の身体の状態

どのように違うのでしょう?

 

 

汗かきの人

 

『運動や暑さによって

汗腺が反応することで汗をかく』

という本来の身体の機能が人より活発になっている状態です。

f:id:asebyebye:20190501230035p:plain


 

 

それに対して、

 

多汗症の人

 

運動や暑さに関係なく

何もしていなくても

大量に発汗している状態です。

 

f:id:asebyebye:20190430234734j:plain

では具体的にどんな対策をすれば良いのか?

 

汗かきの人は

身体が本来持っている機能になりますので

汗をかかない為に対策を取るより、

 

・汗をかいたら着替える、

・こまめに拭き取る、

・シャワーで洗い流す

 

といった汗をかいた後の

対策を考えると良いです。

 

身体の本来の機能を止めようと考えるのは

かえって危険です。

 

f:id:asebyebye:20190501002146j:plain

 

それに対して、

 

多汗症の人は、

多汗症になった原因を除去することが

1番の改善策になります。

 

f:id:asebyebye:20190504220227j:plain

 

多汗症になる原因は主に2つ考えられます。

 

1、自律神経の乱れ

 

ストレス社会のため、ストレスを溜め込みやすい方は多数いらっしゃいます。

 

また不規則な生活や睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどによって、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位に立ってしまい、異常に発汗してしまいます。

 

 

2、精神的なストレス

 

これは自律神経の乱れと関連しています。

極度のストレスを感じることで自律神経が乱れ、汗腺が集中している手や足、脇の下、股間に大量に発汗してしまいます。

 

また大量に発汗することに対するストレスにより、更に発汗してしまうという悪循環に陥ってしまうことも多々あります。

 

f:id:asebyebye:20190429192105j:plain

 

ですので、

多汗症の対処法は

 

・自律神経のバランスを整える

・精神的ストレスを除去する

 

これが大切です。

 

f:id:asebyebye:20190505223225j:plain

 

ここで、

僕が自律神経のバランスを整えるために

普段からやっていることを紹介します。

 

 

1、幸せホルモンであるセロトニンを活性化するために朝日光を浴びる

 

2、ストレス発散のため毎日3キロのランニング

 

3、リラックスするために毎日お湯に浸かる

 

4、良質な睡眠を確保するために就寝前のスマホは控える

 

5、良い栄養を摂取するためにインスタント食品は絶対に食べない

 

6、腸内環境を整えるために食物繊維や乳酸菌を積極的にとる食生活

 

7、リラックスするため好きな音楽を聴く

 

f:id:asebyebye:20190505231102j:plain

 

これを毎日続けることにより、

活発になりすぎた交感神経を抑え、

 

自律神経のバランスを

整えることができました。

 

誰にでも今日から実践できます。

ぜひやってみてください。

 

f:id:asebyebye:20190504224317j:plain

 

日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

感想や質問がありましたら

気軽にコメントしてください!

 

まっつー